血液サラサラ サプリ

血液をサラサラにして血流・血液循環を良くする成分

生活習慣病になる大きな要因のひとつが高脂血症と言われています。
(その他には高血圧症、糖尿病などです。)

 

メタボ検診行っていますか?メタボ検診で「健康に特に問題ないと診断」されても、血中の中性脂肪や悪玉コレステロール(LDL-C)が基準値をオーバーしているという人はたくさんいるようですね。

 

血液をサラサラにするサプリを飲む必要あり?

 

血液をサラサラにするサプリを飲みましょう!

このように中性脂肪やコレステロールが多くなる高脂血症になると血液はドロドロになり、血流が悪くなり体内の血液循環が悪くなることによって様々な生活習慣病を引き起こす要因となります。

 

そうならないためにも、適度な運動をすることと、血液をサラサラにして流れやすくするために、中性脂肪やコレステロールを下げてくれる成分の入った食品・サプリを摂ることが大事です。

 

そのような成分には代表的なものとして、EPA、DHA、アスタキサンチン、ナットウキナーゼなどがあります。

 

中性脂肪が気になる方のためのサプリに多く含まれている、血液をサラサラにする成分を紹介します。

 

EPA(Eicosapentaenoic acid):エイコサペンタエン酸

血液サラサラ用サプリの成分

EPAはオメガ3脂肪酸という不飽和脂肪酸のひとつで、血液をサラサラにする成分として最も有名です。

 

不飽和脂肪酸は比較的低い温度で溶けるので、燃焼されやすい脂質の構成要素であり、血液など体内に残りにくい脂肪を作ってくれる成分といえます。

 

オメガ3脂肪酸の必須脂肪酸であるEPAは、血小板が集まるのを抑制する作用があることが知られており、これはEPAの過剰な摂取によっては出血しやすくなることであるとも言われています。

 

そのように血液をサラサラにするEPAをはじめとするオメガ3脂肪酸は、魚介類や一部の植物油に多く含まれています。

 

DHA(Docosahexaenoic acid):ドコサヘキサエン酸

血液サラサラ用サプリの成分

DHAは、カルボン酸という不飽和脂肪酸で、赤血球や神経細胞を軟らかくして、血液や脳神経を健全にすると言われています。

 

DHAの摂取によって血中の中性脂肪を減少させ心臓病などの危険性を下げたり、精神系疾患の予防にもつながると言われています。

 

このような血液や血管をやわらかくする働きがあるDHAも、魚類に多く含まれており、シーフードをたくさん食べているところほど母乳内のDHA量が多かったという結果も出ているようです。

 

サプリには、EPAとDHAが一緒に含まれることが多いようです。

 

アスタキサンチン

血液サラサラ用サプリの成分

アスタキサンチンは緑黄色野菜に含まれるカロテンと同じように赤い色素物質ですが、高い抗酸化作用を持つことから、体を守ってくれる物質として知られています。

 

その抗酸化作用によって、紫外線から肌細胞を守ってくれることから化粧品などにも使われるようになりましたが、脂質の酸化的分解によって細胞に損傷を与えることを防御する働きもあるとされています。

 

そのようなことから、サプリなど健康食品にも含まれています。

 

ナットウキナーゼ

血液サラサラ用サプリの成分

ナットウキナーゼは納豆から抽出され作られる酵素で、血栓溶解作用、血液サラサラ効果があるとされ、研究が行われています。

 

これらの効果は納豆を食べることによって得られるかどうかは明確になっておらず、作られたナットウキナーゼを体内に取り入れることが必要となるようです。

 

最近はナットウキナーゼの含まれるサプリも増えてきました。

 

(参考:Wikipedia)

 

しかし、忙しい日常生活において、毎日そのような成分をしっかりと摂取することは現実的に無理があったり、体内で生成されにくい成分もあります。

 

そこで、栄養補助食品として血液をサラサラにする効果のある成分が含まれるサプリが求められているわけです。

 

血液サラサラ対策には地道な生活改善が大事

中性脂肪は、けっこう人間ドックで診てもらうと「高い」と言われてしまう人が多いのではないでしょうか?

 

中性脂肪とは、血液をサラサラどころかドロドロにして動脈硬化を起こし、心筋梗塞や脳卒中にまで繋がるような物質です。それを考えると、やはり中性脂肪が「高い」と言われたら、そんな事になる前に下げ血液をサラサラにしたくなりますよね。

 

中性脂肪は、要するに脂肪であり本来はエネルギーの塊なのですが、それが使い切れないと血液をドロドロにしたりなど、悪い方に作用するのです。

 

エネルギーであることを考えると「エネルギーを溜め込み過ぎ」と言われたらどうすればいいか、ということが中性脂肪の対策にもつながってくるのがわかると思います。

 

要するに『エネルギー源の補給量を減らす』か『エネルギー使用量を増やす』の二択に、どうしてもなってしまうのです。

 

血液サラサラサ成分の含まれる魚

エネルギー源の補給量とは、要するに食事です。脂肪と聞くと『脂がいけない』と思ってしまう人も多いと思いますが、そこが落とし穴になる人も多いです。

 

中性脂肪を高める原因は、実は脂(つまり肉)よりも炭水化物であることも多いのです。要するに、白米やパン、麺類、糖分のとりすぎに注意しないといけないのです。

 

というわけで、ごはんやパンなどの主食、それとジュースやお菓子の摂取を減らし、魚や野菜といった血液をサラサラにする成分の含まれる副食系の物の摂取に切り替えるのが良いと思います。

 

血液をサラサラにする運動

また、それにくわえて『エネルギー使用量を増やす』必要もあります。これは要するに『動け』ということです。

 

デスクワーク中心になってしまいがちかもしれないですが、出来る限り歩いたりして、エネルギー使用量を増やすのが大切なのです。つまり運動をすることも血液のサラサラにつながるのです。

 

また、筋肉を増やすなどの『基礎代謝』を上げるためのトレーニングを行うのも良いと思います。トレーニング自体を行うだけでもエネルギー使用量増加につながりますからね。

 

最後に重要なのは、これらをきちんと『日常』にするということです。生活そのものを自然に「中性脂肪を下げ血液をサラサラにする」ものに変えていく、そういう自然な意識が重要なのだと思います。

 

血液をサラサラにするサプリの利用も良いとは思いますが、生活習慣を変えないでサプリメントに頼るだけでは効果は出ないと思います。